Menu

あ、髪がきれいになってきた。

が得意な美容室です。

Menu


Menu

いつでもWeb予約

03-5937-3776

BLOG

LINE

ぷるりんトリートメント

もともとの髪が傷みやすい。そんな方は「ぷるりんトリートメント」がおススメです。

従来のトリートメントにはない、まず「トリートメント前の下地処理」を施します。もちがよく、しっとりだけではないぷるんとした弾力のある質感が得られるのが特徴。触ったらぷるりんヘア。
髪の毛の表面にはキューティクルが存在します。こそもの肌がきめ細かいのと同様に、子どもの髪はキューティクルもしっかり毛の表面を覆っているのですが、年齢を重ねたり、カラーやパーマ、または日々のアイロン、はたまたドライヤーの扱い、さらには重ねられた暴飲暴食などの要因から、髪質が子どものころとは違ってくるもの。少しずつ髪からたんぱく質や水分や脂が減少し、軽いけど硬い髪になってきます。キューティクルはそもそも、天然のコーティング。髪を守る為にあるのですが、これがめくれて来たり減少したりするのだから、擬似的なコーティングを用いる。これがぷるりんトリートメントの下地作りとなります。キューティクルの剥離による、吸水性が高くなってしまった髪を、柔らかな弾力のあるガードをまとわせてあげることで、疏水化させ、しっかり早く乾く髪に。そのベース作りによって、従来のトリートメントののりが良くなり、油っぽさに頼らないぷるりんとしたトリートメントの質感が成立します。potamuのぷるりんトリートメント。ぜひ一度お試しください。

各種コースをご用意しております

ぷるりんカラーコース

カラーと同時進行でぷるりんトリートメントを施します。まずはオレンジ味が強くなってきた髪を、きれいにみえる色に染める。、染めるからにはダメージはもちろんあります。それを、じゃあ染めない!ってことになるとヘアスタイルに制限が出来ておもしろくない!顔は簡単には変えれないけど、ヘアは比較的その可能性がありますよね。そしたら活かさない手はないと思っています。

treatment

ぷるりんパーマコース

パーマと合わせることもできます。

ぷるりんトリートメントの流れ

からみにくい状態の髪にする

濡らしてクシどおりを良く。かつ薬剤浸透をジャマしない潤滑剤をつけて施術しています。

たっぷりの量の、柔らかい薬剤で塗布

少ない薬剤で無理やり薄く伸ばすとひっかかるし、色自体も安定しないため採算度外視、たっぷりの量で!

カラー剤の中に補強剤を添加

少しデリケートな状態の毛に、切る前のもうひと頑張りをしてもらいたいとき手助けしてくれます。

流すときに、ゆっくりしっかり元の弱酸性に戻す

急激な変化を髪は嫌うため、少しずつ水を足しながら乳化し、炭酸泉で緩やかにアルカリを除去。

その後、ぷるりんトリートメントでヘアケア